カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の手(音楽関係ないよ)

さて・・・たまには活動以外のこともブログに書いてみようかな。
私は幼少の頃甘えん坊で寝るときには必ず母に背中を
さすってもらっていました。ある晩、母がいない夜が
ありました。理由はよく覚えていません。私は
父に背中をさすって欲しいとお願いしました。

父は私の背中をさすってくれたのですが・・・・
すぐに止めて欲しいと懇願しました。

何故なら父の手はマメだらけで軽くなでられただけで
もの凄く痛かったのです。当時の父の写真がこちら↓



元ボディービルダーです。暇さえあればバーベルを持って
トレーニングをしているよう人でした。だから手はゴツゴツして
固いマメだらけで、ちょっと触られるだけでも凄く痛かったのです。

脳みそまで筋肉でできたような人で私が高校生の時に
自分で作った曲を聞かせたら「その曲じゃあ
ポージングには使えないな」と真顔で言われたことが
ありますw。

あれから3X年。父もかなり高齢になりました。
今は接骨院で働いています。主にマッサージを
担当しています。この前初めて父にマッサージを
してもらいました。あの時のゴツゴツした手はもうなく、
柔らかく弾力がある心地よいマッサージ師の手と
なっていました。

3X年の時を経てこの人の手はこんな風に変わったんだな・・・と
思うと何か感慨深いものがありました。

自分もオッサンになりこれからジジイになっていきます。
果たしてどんな変化をして行くのでしょう?その変化に
誰か気が付いてくれるのでしょうか?今から楽しみです(^^)

(ちゃぷP)

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

アトミックドロップとは



以前FRONT CHOKE(フロントチョーク)って作品を
リリースした時に

・フロントチョークが何か分からない。
・「絞め落とす」ってのが何か分からない


と言われたことがあります。

ここで・・・懸念材料が1つ・・。
今度出す新譜のトラックに「アトミックドロップ」
という単語が出てくるのですが、これがリスナーさんに
伝わらない可能性が出てきました。あばばばっば。


そこで!事前に解説をしたいと思います。

アトミックドロップとは・・・


バックから図①のように相手をかかえ上げ
相手のでん部を自分の膝の上に落とすようにして
相手にダメージを与えます。




別の角度からもどうぞ



抱え上げて落とす


どうですか!?
これがアトミックドロップです!

お分かり頂けたでしょうか!?

お借りしたMMDモデル
神威がくぽ:あにまさ様作
GUMI:ISAO様作

ではでは!
(ちゃぷP)

コラム:同人音楽について考えてみた(ちゃぷP)

 まずは本題の前にちょっと自慢?話。自分は昔バンドマンでした。
 ハードロック系のバンドでキーボードをやってました。ロン毛でした。
 ↓こんな感じ。一番長い時はあと20cmくらい髪の毛あったかな。


 一番真面目にやってたバンドはアマチュアにしてはそれなりに
 人気があったかも。ツアー(といっても西日本のみ^^;)もやったし
 ファンクラブらしきものもあって出待ちとかもあったし。
 まあ彼女達のお目当てはVo、Gt、Baのフロント3人だったけどw
 ・
 ・
 ・
 自慢話はここまで。音楽に詳しい人ならハードロック系のバンドで
 キーボードをやるって事がどんな事なのか想像できると思います。

 ハードロックってのはドラム、ベース、ギター、ボーカルが
 あれば成立します。僕の役目は料理で言えば調味料。原曲の味を
 損なわないようにバンドのサウンドを1ランク上にしたり、
 全体の音に厚みを増したりサウンドの幅を広げたりするのが
 僕の役割でした。必然的にサポートメンバー的なポジションに
 収まることになります。音楽のコアな部分には関与しません。

 ハードロック系のキーボーディストってのはそもそも人口が
 少ないために色んなバンドから声がかかります。ですから
 サポートメンバーとして多くのバンドに参加しました。
 これはこれで貴重でエキサイティングな経験ではありましたが
 常に脇役であり主役ではありません。よくよく考えてみたら
 バンドを始めてから、ず~~~~っと脇役で一度も主役に
 なったことはありません。実際にほとんどの曲が僕がいなくても
 成立してたのではないかと思います。

 就職&社畜を経験した後、人生が虚しくなってネット上で音楽を
 再開しました。同人で音楽を始めてみてから…ふと気が付きました…
 Pってのはプロデューサーの略だよね?自分で世界感を作って
 歌詞や楽曲や発表してって??あれれ??これ制作者=主役やん
 …って

 いや、すんごい当たり前のことなんですが…

 音楽活動のスタートがボカロだったり同人音楽からだった人には
 ごく当然のことなのかもしれません。しかし、僕は音楽を始めて
 20年近くを経て初めて自分が主役として自分の作品を発表するように
 なったんです。誰かの作品のお手伝いとかカバーではなくて
 自分自身の作品。そして今すごくやり甲斐があって制作が楽しいです。
 
 あれ?ありゃ?自分は実は主役になりたかったのか…

 今さらながらの新発見です。超ウルトラすんごい遠回りですねw
 そう・・同人音楽の世界って誰もが主役になって発表できる世界
 だったんすね。(まあ評価されるされないは別として^^;)

 これはDTMとインターネットとボーカロイドと・・様々な
 環境が整ってきたからであって一昔前ではホントこのようなことは
 想像できませんでした。

 僕はオッサンですが「昔はよかった」……なんて事は言いません…
 今の時代を楽しみたいと思います。仕事しながらでも独りぼっちでも
 皆が主役となって音楽制作をして発表ができる場があるんですよ。
 素晴らしい事ではないですか。
 ・
 ・
 ・
 ・
 という視点で見てみたら同人音楽って新鮮じゃありませんか(汗)
 
 MANTIFONICAにたどり着くまでこういう道を歩んできてますから・・
 MANTIFONICAのメンバーや活動にご協力して下さった方々、
 そして出来上がった作品達は僕にとってかけがえのない宝物であります。
 臭い言い方ですがこれしか思い浮かびません。

 そして作品を楽しんで下さっている方々にも感謝。零細サークル
 だからこそ流行に流されず自分で自分が好きなものを探し
 求めている方々に出会えているように思います。

 本当に本当に有難うございます(^^)>!
(ちゃぷP)

去年の今頃を思い出してみる(ちゃぷP)

去年の今頃は何をしていたかというと曲はほぼFIXしてて
マスタリングに入ろうとしていました。。。今はまだ曲を
作ってるし、どの曲を入れるかすらフワフワしてます。

去年は15曲入りフルアルバム2枚 + コンピレーション
アルバム参加。隠しトラックを含めると合計34トラック!!と
曲数がハンパなかったし、アルバムも8Pブックレットが2つだから
印刷物関係も大変なことになってました。プレス業者に出すのも
初めてだったから色々戸惑いもあって早めに動いていたってのも
あります。

あの時は印刷物も本当に大変でした。CDのクレジットには
グラィックデザイナーもいることになっていますが、この方には
印刷物のひな形を作って頂いてAdobeのillustratorの使い方を
教わりました。最終的には印刷物は素人突貫仕事ながら、
ちゃぷP自らがillstratorで作成してたりします(汗)

↓こんな感じ



よく死ななかったなと思いますが・・よくよく考えてみると
あの時は仕事が閑散期になってて休みが取りやすかったんだな。。。。

3rdミニアルバムの「神威's HEAVEN」の時は2Pジャケなんで
印刷物はそこまで負担ではありませんでした。
(ちなみにロゴの配置とかはきゃらめるPがやりました)
マスタリングもそこまで悩まなかったかな。。(今思えば音圧出し過ぎたかも)


さて・・・


今年は・・・実はジャケットのブックレットをどういう形にするかすらも
決まってないのです(汗)。4Pが現実的かなあとか。。。うーむ悩ましい
所ではありますが実はこういう所を考えるのも楽しかったりするん
ですよね(^^)

まだ未定な部分も多いですが春に出すアルバムもしっかりと
作成していきたいと思います。皆様宜しくお願い致します。

(ちゃぷP)

今でも気になってるお客様達(ちゃぷP)

たまにツイッターでも記載することがあるのですがイベントでCDとか
販売してる時に印象に残ったお客様が何名かいらしゃいます。
全員お顔まで完全に覚えているかと言われたら微妙なのですが、
それでも忘れられないというか。そのうちいくつかをここに紹介!

◇ボーパラ関西の練星さん
 MANTIFONICA一番最初のお客様です。覚えていないわけがない!
 かなり鮮明に記憶に残っています。多分ボーパラ関西の会場の中でも
 全サークル中一番最初のお客様だったのではないかと思います。

◇超会議にて慟哭のナイトメアのドラマCDを購入してくれた女の子
 当日色々なブースで売られていた「慟哭のナイトメアのドラマCD」。
 MANTIFONICAのブースで私の知り合い以外で購入して下さった方は
 「1名だけ」でした。恐らく出演者の【蓮】さんかコゲ犬さんのファンの
 方だと思います。この日cortさん&三重の人さんのブースに
 【蓮】さんとコゲ犬さんが来られてたんですね。イベントって
 グッズを入手するだけでなくてお目当てのPさんや歌い手さんに
 会えるのも楽しみの1つだと思うのですが、私のブースでCDを
 購入された方が後悔してなければいいなあとか・・・複雑な思いでした。
 その上CDは二日間で合計3枚しか売れませんでした。。。
 慟哭のナイトメア制作委員会にも貢献できず申し訳ないことをした>orz

◇超会議でお金が尽きてしまった少年
 試聴してくれて「このCD凄い欲しい」って言ってくれた
 高校生くらいの男の子。ただグッズを買い過ぎて資金が尽きた
 とのことで・・・内心こっそりCDをあげたかったけど、
 周囲の目もあるし他にお金を出してくれた人に申し訳ないから
 チラシをあげて通販や委託販売もまた始まるから・・と案内だけ
 させてもらいました。同人CDってフルアルバムでも1000円
 だったりと市販のCDに比べてお得なものだ・・とばかり
 思ってたんですね。でもやっぱり中高生にとって1000円は
 大金なんだなと改めて認識させられました。だから3rdアルバムは
 300円だったりとか。4thアルバムは500円にしようと考えてます。
 多分この少年に出会ったことが大きいかと。今でも彼の残念そうな
 表情が忘れられません。。。

◇超会議で出会ったKAITO大好きなお兄さん
 「KAITOの曲入ってます?」って言いつついきなり登場したお兄さん。
 KAITOのファンって女性ばかりと思っていたのですが、そうでも
 ないんだなと思った出来事・・・アルバム「万珍捧尼歌」には
 KAITOの曲が1曲とKAITOも出ている大人数ボカロ曲が1曲って
 感じでKAITOが登場してるのですが、それだけの理由でCD購入して
 下さいました。どんだけKAITO好きなんだよとww
 とても嬉しそうにCDを手にされていたのが印象的でした。

◇超会議で出会ったがくぽコスのお姉さん
 凄くシャイ?そうな方でした。勢いにまかせて呼び止めて話しかけて
 みた所CDを購入して下さいました。がくぽのコスプレをするほどコアな
 がくぽのファンの方には大体知られてる・・くらいの知名度になるのが
 僕の目標だったりします。だからイベント会場でがくぽコスの方は
 見逃しません(^^;)

◇超会議でクロスフェードを隅から隅まで試聴してくれた男の子
 多分会話の内容からして大学生だと思います。クロスフェードを
 隅から隅まで聴いてくれて凄く曲をベタほめしてくれて、曲に
 凄く感情が乗ってる感じがして良いって言ってくれました。
 ブースに30分以上はいたかな・・・それでいてCDは買って
 くれなかったというwwww。いやそれは別にいいんだけど
 イベントの時間って限りあるし君のその時間をここで費やして
 良かったのかとww

◇SUPER COMIC CITYで来られた長身の眼鏡の女性
 もうすでにCDを持ってらして新譜はないかチェックしに
 来られたのだとか。。。ツイッターでの僕の言動を知ってる感じってか
 ツイッターでもやり取りされてるっぽい感じだったのですが・・・
 あれれれ!?ひょっとしたらあの人かな?とか考えてるうちに
 去られてしまいました。。。。今でもちょっと気になってます。
 多分相互フォローしてるあの方だと思うのですが。。。今度
 イベントで見かけたらまた宜しくお願いします。

◇ボーパラ名古屋の謎の女性
 僕は行けなかったボーパラ名古屋。鏡音リンのコスプレをした
 女性が僕を訪ねて来られたって聞きました。・・・誰?誰?誰?
 誰?誰?誰?そんな知りあい・・いたっけな?ん~~~いたっけな?
 一度お会いした方でしたらスミマセン・・・あばばばば。
 結局誰だったんだろう?

◇COMIC TREASUREで出会った大問題Pさん
 颯爽と現れて「机の上の分全部一枚ずつくれ」と・・・・・
 男前すぎてしびれました!!!

◇COMIC TREASUREで出会った男性2人組
 2人ともCDを購入しようとしてくれて、片方の方が1stアルバムと
 2ndアルバムを両方買うかどうか悩んでらしたのですが、
 「1人1枚ずつ別の買ってお互いで貸し借りしたらいいん
 でないですか?」と提案させてもらいました。
 「え?いいのかな?」って感じの反応だったんですが・・
 いいんですいいんです^^;そんなことより購入して下さって
 有難うございます。

◇ComiCon京都で出会った柚餅子さん
 今ではTwitter相互フォローの柚餅子さん。ノシの者P
 という名前で活動されてます。ちょっと会話をさせてもらって、
 ボカロPを目指して最初の一曲目を作ろうとしてるってことで、
 とても印象に残ってました。処女作完成おめでとうございます^^

◇ボーマス23で最初に来て下さった女性の方
 ボーマス23は色々トラブルがあって・・その上開場後も
 お客様がだ~~~~れも来なくて実に寂しかったです。。。。
 会場して45分くらい経過した頃だったかな?最初のお客様が
 来られました。凄く凄く嬉しかったです。「CDを
 試聴されますか?」って尋ねた所「クロスフェードを
 聴いてきたから大丈夫」とのことで・・・
 完全アウェイの空気の中にいたので本当に感激でした。
 凄くシャイ?な感じの方で、あの後もちょっと遠くでこちらを
 気にされていたような?(ん?自意識過剰?)
(想像してた感じと違う!とか予想よりオッサンじゃんとかだったりして^^;)

 折角ですからどの曲が良くて購入を決断されたのか?他には
 どんなPさんの曲を聴かれてるのか?とか聞いてみれば良かったなあ。
 。。クロスフェードをチェックしてから来られた方ってのは
 凄く印象に残ります。

ウチのCDって余所と比べて大して売れてないはずです。多分
どのイベントでもどの会場でも全参加サークル中最低レベルの
売り上げだと思います。それなのに他にも書ききれないほど印象に
残っているお客様が沢山(^^)。ブースに来て下さった時に
ハンドル名を仰って頂いたフォロワーさんやオフ会で
知り合った方々も皆覚えてます(完璧かといわれるとちょと
アレですが(汗)多分全員覚えてます)

上に挙げた中にボーパラ関西関連が少ないのはお客様にリアル
知り合いが多かったからかな??結構な時間、売り場をきゃらめるPに
任せてたのもあるかも(汗)

ちなみに僕は人の顔と名前を一致させるのがかなり苦手です
・・・全然覚えられません。それでも【非日常】の中で神経が
研ぎ澄まされているのか?色々な事が記憶に残るものですね。

2013/3/25のポーパラ関西でイベントデビュー1周年!
今度はどんなお客様が来られるのかな?
とても楽しみにしています。会場でお待ちしてます!(^^)>

(ちゃぷP)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。