カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VM-1グランプリ2014に投稿しました。

VM-1グランプリ2014に投稿しました。

↓参加作品一覧のマイリストはこちら


初めて参戦してみました。他の方々の作品を見て
思ったんですけど自分は結構邪道かもしれません(^^;)



かなり絵に頼ってますね・・・協力して下さった
桂木桂子さんには何か美味しいチーズケーキ的な
ものをプレゼントしたいと思います(^^)

さて!トークロイド漫才ということでトクロ漫才独自の
スタイルができないものか?意識してみました。

ボカロエディターのパラメータを使ったボケだったり、
イラストを使って普通の漫才ではできないようなボケをしてみたり・・・・
フォントでボケてみたり、あとはコメントによる
ツッコミ待ちだったりと色々試してます。

実はこの動画のネタの一部は壮大な前振りがありまして・・・
がくぽのシークレットシューズネタはアルバム
「万珍捧尼歌」のオマケトラックに前振りがあります。

GUMIの寝ぼけロシアンフックについてはアルバム
「欲望ノ連鎖」に一部始終があります。

完全に世界が繋がってるわけではないのですが
一部のマニアの方にはニヤリとして頂けたのでは
ないかと思います。アルバムを持ってる方は確かめてみよう!

オーディオ的な面でもかなり細かい事をしています。
GUMIはMegoidTalkとPOWERの併用です。どちらか
片方では今回のトークは表現できなかったと思います。
そのまま再生すると音質が大分違って違和感が出るので
マルチバンドコンプやEQで音質を近づけています。

あとテンポ感を増すためにMegpoidTalkはソフト側で
最速で再生したものを更にCubaseのタイムコンプで
早口にしています。

がくぽはWhisperとNativeの併用です。こちらも
両方使わないと表現できない内容だったと思います。
同じく質感の差を補間するためEQやマルチバンドコンプを
使っています。

ちなみに自分がトークロイド作品を作る時は必ず
マルチバンドコンプを使います。トークロイドは
歌物に比べてかなり短時間で音程が上下するために
低域にバラつきがでます。低域にバラつきが出る
ということは距離感や音量感が不安定になります。
低域の音量をガッツリ整えることで喋りを安定させることが
できます。

あとはベロシティでも大分喋り方が変わりますね。
V3は弱いベロシティでは子音が長くなります。
強いベロシティでは子音が短くなります。
前の音となめらかに繋げたい箇所はベロシティを
上げて逆にカツゼツを良くしたい場合は
ベロシティを下げてます。これだけでも大分違いますね。

他にも色んなパラメータといじってますけど
大体みなさん同じような事をされてるかな?ではでは
次回の作品にご期待下さいな!

ちゃぷP

楽曲解説:コズミックトラベラ-ズ



ZOLA1周年コンテスト応募曲第二弾!
ここ最近は湿っぽい世界観の曲が続いてましたので
今回はポジティブな雰囲気を出そうと思いました。
「宇宙旅行」というテーマになりました。勿論「宙゛」の文字から
連想してます(;´∀`)

音楽的には「アイドルのコンサート」っぽい曲という
テーマを持って挑みました。そこで自分が勝手に
アイドル曲に抱いているイメージを色々詰め込んで
みたわけで……

・まずはオーケストラヒット(という音色です)
・そして全員で歌うサビ
・ラップっぽい何か
・適度に観客を煽れる雰囲気

みたいな感じでしょうか。(注:かなり独断と偏見にまみれています)
今思えばこれに加えて観客と一緒に掛け合いが出来そうな
箇所があれば良かったな~と反省。。。。orz

調声はやはり難しくてハモリパートも誰をどの
高さにするかで印象ががらりと変わります。で、色々な
構成を試した結果今の形になりました。

前回のIMMORALではニコニココモンズを利用して
動画を作成しましたが、今回はピアプロで
イラストをお借りすることが出きました。

イラストを描かれたのは黒鵺さんという方で
交渉してみた所、快くお返事を頂くことができました。
有難うございます(^^)。凄く素敵なイラストなので
既に何らかのZOLA曲の動画で使われているかと
思ったら自分が最初でした( ^ω^ )ラッキーすぎます!

ピアプロというとコラボが頓挫するってイメージが
何か強くて躊躇していたのですが思い切って声を
かけてみて良かったです。

次はまた作風を変えて和風なものを作ってみたいと
思います。。。。がその前にちょっとリクエストが
ありまして、ボーパラ9参加まで1曲短めのものを
公開しようと思います。良けれはこれらも
聴いてやって下さいね!

ちゃぷP

楽曲解説:IMMORAL(ZOLA Project Ver.)

ZOLAコンテスト用にまずはセルフカバーを作成してみました。
今後も継続して色々とリメイクしていってみようと思います。



原作はこちら



■誰がどこを歌っているのか動画内に記載しました。
 WILだけちょっと記載が遊んであります。気が付いた
 方はおめでとー(^^)

■調声は1からがっつりやり直し
 ZOLA Projectの調声はダイナミクスに肝があると
 思います。とにかく音量が暴れるのでなるべく
 ボカロエディターのDYNで調整します。wavにしてから編集
 する方法もありますが、ZOLAの場合はエディターで
 きっちりやる方が上手く行くように思います。
 自分が気をつけたのは

 ・KYOはう段が小さい。、
 ・YUUはあ段が大きく歪みやすいのでDYN低めでMixerで上げる

 同じ母音でも直前が無音かどうかで鳴り方が違って
 いたりすることもあるので自分の耳やメーターを
 頼りに調整していくと良いと思います。

 動画に記載していませんがサビは実はオク下に
 KYOがいるんですよ。サビはKYO2人です。

■オケもかなり手を入れてあります
聴き比べて頂くと分かるのですがリメイク前と大分音が
違っていると思います。さてさて・・・・どこがどう
変わったのか!?以下解説です

・メインギターリフのエフェクトの変更
 AmplitubeからGuitarRigに変更しました。

・ドラム
 音源が変わりました。
 Ez DrumerからSuperior Drumer2.0になりました。
 フレーズもBメロのシンバルや間奏のフィル、サビに
 シンコペーション等細かい部分で修正が入っています。

・ベース
 前作はEastWestのHardcoreBassでしたが今回は
 そこに重ねる形でTrillianを使っています。

・1番Aメロのギター
 左にアルベジオが別のものが入りました。

・2番のAメロ
 がらっと雰囲気を変えてみたりして・・・

・マスタリング
 以前はT-Racksでしたが今回はそれに加えてOzone5も
 併用しています。

・他にも細かい所が色々変更されていますよ(^^)


■動画について
 今回は急に思い立って制作した上にコンテストの
 期日があるという事で絵師様も動画師様も
 頼ることができず(動画師様は過去85本の投稿の中でも
 お世話になったのは2本だけなのですが)・・・・・てな状況でした。

 という事で今回は素材集とニコニココモンズで
 動画を作成しました。イラストはピアプロで探して
 みたのはみたのですが、すでに他の曲で使われて
 いたり、コンテストに応募済のものだったりして
 諦めざるを得ませんでした。

 素材集の組み合わせでもソコソコPVはできるものですね。
 自分は専門の動画師ではありませんがそれでも
 今回の動画は恐らく半日分くらいの工数で出来ました。
 ツテがない時はないなりのやり方があるもので・・・・
 
 次はオリジナル曲を投稿する予定です。動画も70%くらい
 出来あがっています。良ければ聴いてみて下さいね!

ちゃぷP

楽曲解説:貴女は月下香の花言葉を知っていますか?



まず多くのリツイートやマイリスを頂いたのに
二度の上げ直し、本当に申し訳ありませんでした。
久々の投稿なのに自分のあまりの情けなさにショックで
寝込みそうです。

ネガティブな事ばかり書いてしても仕方がないので曲の解説。

■コンセプト
 そもそも今回の曲は「ツインギター」のリフをやりたい
 という所からスタートしました。曲を作り始めた時に
 参考用にビジュアル系のバンドの曲を色々聴いていたのですが
 これまた歌詞がエロい(^^;)。イベントで売り子に来て
 下さっていた桃野しるこさんにイラストをお願いした時に
 エロいがくぽの設定をもらったのでそれを元に作詞をしました。
 快楽主義なのに満足できなく不安を抱えた状態がコンセプトです。

全部打ち込み
 今回はバンドサウンドなのですが全て「打ち込み」で生演奏は
 何1つありません。オーディオ素材集も使っていません。
 クリーントーンは
    Strum Electric GS-1
 歪系は
    V-METAL
 を使っています。自分はギターも演奏しますが、自分の生演奏では
 今回のニュアンスは出せないと思いますし、逆にブルージーな
 フレーズは生演奏の方が早くクオリティが出せると思います。
 柔軟に使い分けていきたいですね。

■リズムの変化
 BPM190で高速なこの曲ですが、主に3種類のリズムで構成されてます。
 アイアンメイデン風の「ダッダカ、ダッダカ」というリズム。
 ツーバスドカドカの高速感を強調したリズム。そしてBメロでは
 シンコペした8ビート。ギターも歪み系からクリーントーンに
 変化します。ここは普段よく聴く洋楽ではなく最近聴いた
 邦楽ロックの影響だったりします。

■絵師さんの紹介
 イラストの桃野しるこさんですが・・本当に絵を描くのが早い!!
 デジ絵を初めて半年なのだそうですがそうは思えませんね。
 今回は沢山の絵を描いて下さったおかげで変化に富んだPVを作成
 することができました。自分なりの拘りもしっかり持ってらっしゃって
 今後が楽しみな絵師さんです。

 気が付かれた方も多いかもしれませんが「がくぽミラー」の絵師さんです。
 3月のボーパラではがくこコスで売り子をやって下さいました。
 6月の名古屋のボーパラでも売り子をやって下さる予定です。

■曲名について
 今回はラノベ風に長い曲名。曲名って本当に難しくて
 簡単なものだと他の曲と被って混同しちゃったり検索で出てこなかったり。
 変に気取った読めない表記だと覚えてもらえなかったり。で
 インパクトがあるようにと・・・このようなタイトルになりました。
 単語ではなく文章にまでなると逆に覚えてしまうということを小耳に
 挟んだもので・・・。ちなみに他の曲名の候補は「メランコリック・ヘブン」とか
 「カサノヴァ・メランコリック」というものがありました。


今回色々あったのでしばらく休みたい所ですが・・・・
次回はWILと歌愛ユキの曲を予定しています。その次はがく誕かな。
もし良ければ懲りずにまた聴いてやって下さいネ!
よろしくお願い致します。

(ちゃぷP)

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

楽曲解説:レッド・ホット・チリ・ガール



ピアプロのコラボにてイラストを風野さん、動画を烏田さんに
担当して頂きました。有難うございます(^^)

曲名からレッド・ホット・チリ・ペッパーを想像されるかもしれませんが
実は最初は特に意識していなかったのでそこまでレッチリ成分は
ないかもしれません(^^;)

早速「伸びそうで伸びない」との評価を頂いていますが(^△^;)
「伸びそうな曲」ってのは実は今回意識しています。実際リスナーさんの
心理ってそんなに単純なものではなく伸びそうな事をやっても
それだけじゃ効果はないんだなってことが良く分かりましたw

この曲を作るにもやはりキッカケがあって、ボカロ界隈に対して
「ボカロ曲なんて●○やっときゃ伸びるんだろ?」みたいな意見を
ネット上で見かけたことがありまして、伸びてないPがそういう事を
やりもせず言ってるのは格好悪いなあって思いまして・・・

じゃあ自分でやってみりゃいいじゃん!

って事でそのまま自分で実行してみました。ただ自分は
ニコニコのランキングや有名Pをチェックする方じゃないですし
基本的にフォロワーさんの作品を中心に聴いています。ランキング曲の
真似事になっても格好悪いと思い「○●やっときゃ伸びる」って
言葉を自分なりに解釈して曲にしてみました。その〇●ってのは

・早口
・高音
・エロを混ぜる
・中二っぽい
・高域がガチャチャしてる
・高速

っていう点です。これを自分なりに解釈したので世の中で言う
ボカロ曲の高速や中二が自分の思う高速や中二と違う可能性は
大ですが・・・・自分なりを入れたかったということでこのような
曲に仕上がりました。

実際に視聴された方からは良かったよ~って声を頂いていますので
まだの方は是非どうぞ~(^^)

(ちゃぷP)

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。