カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作詞をされる方へ Part2

前回からの続き、
前回では曲先で歌詞を作る場合にお願いしたいことを
記載しましたが、今回は逆の詞先のケース。

----------------------------------------------
「詞先」で作詞をされる方へ要望したいこと
----------------------------------------------
■大体の楽曲のイメージがある場合は添えて下さい。
 逆に自由にやって欲しい場合はその旨を
 添えておけばよいと思います。作曲者としては
 「テンポ」、「明るい暗い?」、「大人っぽい子供っぽい?」
 等の情報があるだけでも曲の方向性を決めやすいです。
 あと文字数調整も可なのか不可なのかも一緒に記載しておくと
 曲を作る側もどう関わっていけば良いか分りやすいと思います。
 いい歌詞だなーと思われてもその辺りの確認が面倒で
 見送られている歌詞もあるのではないかと思います。

 あと入れて欲しい楽器がもある場合は伝えてもらえれば曲に
 生かしやすいです。ピアノとかギターとか。他には
 イメージを示す写真や絵などがあったらそういうものも
 参考になります。これは作曲者が作詞を依頼するケース
 でも使えますね。

 ピアプロの場合は歌詞の数が多すぎますから作曲者の
 目につくようにタイトルに【ボカロメタル】????【曲募集】とか
 入れるのもアリだと思いますよ。


■ブロック分けをして下さい。
 ここがAメロでBメロ、サビ・・のようにきちんと
 区分分けをしてください。各ブロックの文字数は
 合わせて下さい。

 作詞者にも一番伝えたい部分があるはずです。こうする
 ことで作曲側もそういう部分を理解しやすくなります。
 あと、このブロック分けが記載されていることで
 1コーラスをどれくらいの長さにすれば良いか?
 何番まで繰り返しが必要か?が分かります。

 それができていないものは歌詞ではなく悪い意味で
 詩(ポエム)になってることが多いように思います。
 
 ここで「型に捕らわれる必要なんてない!創作は自由だ!」
 という方は曲がつかなくても、それ相応の覚悟を持って文句や
 愚痴を飲み込んで下さい。(そもそもそれなら文字だけで
 完結する作品を作ればよいと思いますが・・・^^;)


■短い歌詞でもいいんだぜ
 超絶に長い文章で曲募集と言われても曲をつける気に
 ならない。。。。逆に文章にすると短くても
 曲にするとそうでもないケースは結構あります。

 どうしても伝えたいことが長文でないと表現できない
 ならそれは仕方ないかもしれませんが、その分
 作曲を志望する人は少なくなるかもしれません。

 参考になるかどうか分かりませんが私の場合は
 1画面内、もしくは1画面半まで。ぶっちゃけ
 詞先で歌詞が長い曲を作るのはしんどい。(すまん)


■きちんと全体が繋がる流れを持って
 詞先の場合、歌詞の言葉は確実に音に影響を及ぼします。
 楽曲にイントロ→A→B→サビとうった展開がるように
 歌詞にも「起承転結」、もしくは「起転結」といった流れが必要です。
 逆にちゃんと流れがある歌詞は曲の流れを作りやすいです。
 メインテーマは何で、そこにどうそれぞれのブロックが
 つながるのか?関わっているのか?何か伏線はあるか?

 それがあることで楽器構成や音色の変化、リズムの変化
 転調等の構成が生まれることもあります。


■偶数行ずつのブロック構成であればやりやすい・・・
 ・・・かもしれない。

 コード進行は4小節もしくは8小節単位で区分けされることが
 多いです。ですから1行を2小節と解釈したら3行だと
 6小節になっちゃうんでどこかコード展開を
 調整するか、作曲者が区切りを自分なりに作って
 8小節に分けないといけない。。。。んだけど、まあ
 伝えたいこと優先でいって下さい。
 並の作曲者ならこの手のことは全然問題になりません。


■人称、語尾等の基本は抑えて
 これは詞先に限った話ではなく曲先でも言えるのですが
 一人称、二人称の統一。語尾の一貫性・・等基本は
 ちゃんと抑えて下さい。「僕」が急に「俺」になったり
 「君」が「あなた」になったりするとキャラがぶれます。
 特別に意図したものであれば良いのですが・・・

 以前それができていない人に指摘したら・・・「何が変なの?」
 って感じだったことがあるのですが

 ・・・変ですよね(^^;)?

 しっかりと世界観やキャラ性がある方が曲の方向性も
 定まりやすいです。


これから作詞をやろうとしている方にとって何か参考になり、
制作活動をよりエンジョイして頂けましたら幸いです。

■最後におまけ
前回、今回の記事を参考にされる方は基本他の人との共作になるかと
思います。共同で作品を作る場合は

・どっちからお願いしたの?
・誰の名義としてリリースされるの?
・どう使われるの?(売り物にするの?とか)
・スケジュールは?

で誰が責任を持ってイニシアチブを取るべきか。
どの時点でどこまで改変の要望ができるか?何ができて何が
できないのか?色々状況が変わってきます。そこらに
配慮をした上で進行するとより楽しいコラボになると思います。
これは作詞とは関係なく全てに言えることですね。(^^)

(written by ちゃぷP)

作詞をされる方へ Part1

音楽やそのPVの制作には様々な役割があります。。
作詞・作曲・編曲・MIX・マスタリング・絵・動画等々。
ピアプロ等の音楽系のSNSではそれらを分担してコラボを
行うことができます。その中でも今回は「作詞」に
着目してみたいと思います。

作詞って間口が広いこともあって大変だと思います。
この前ピアプロで検索をしてみたところ
歌詞募集の曲が1228、曲募集の歌詞が21006という結果が・・・・
歌詞の数が多すぎて全く曲がつかない歌詞が
ほとんどなのが現状ではないかと思います。

私も過去ボカロPになるずっと前から音楽系SNSを通じて、
様々な方に作詞をして頂いたことがあります。その経験から
コラボで作詞を担当を希望される方に、作曲側として何点か
お願いしたいことがあります。作詞をされる方はご参考にどーぞ~。
もう分かりきってる!という方はスルーの方向で。

あとこれは自分個人の考えですから全ての作曲者が
そうであるとも限りません。(と保険をかけておく)

とりあえず曲先と詞先で区別してみました。

----------------------------------------------
「曲先」で作詞をする場合
----------------------------------------------

■まず自分で歌って確認してみて
 最低限これは行なって欲しいです。
 ほんとうにメロディにハマるかどうか?
 また実際に音にして歌ってみないと分からないことも
 沢山あります。

  ・文字数があわない(合ってるつもりでも歌ってみたらアレ?ってことは多い)
  ・違う単語に聞こえないか?
  ・違う意味にも解釈できてしまわないか?
  ・イントネーションとメロディは合っているか?
   (例「橋、箸、端」等)
  ・同じ単語使いすぎ等。
   (文字で気にならなくても音では気になったり)
  ・カッコいいと思った単語が音にするとイマイチじゃないか?
 
 一度でなく何度か自分で歌ってみてください。
 歌詞とは音になることが前提です。音にしたらどうなるか
 までを考えて作成して下さい。

■仮歌を録音してみて下さい。
 作業の効率化が図れます。歌がうまいとか下手とか
 音質とか・・そんな事は全然関係ありません。音を
 確認できることで作業効率が飛躍的に上がります。
 安いマイクがあればPCでも録音できますし
 携帯電話でも録音は可能だと思います。

 正直、歌詞をテキストだけで貰っても、必ず
 何箇所かメロディにハマらない箇所が出ます。
 そこからメール等での確認や修正作業が入ります。
 レスポンスが悪い相手だと、それだけでメールの往復があり
 かなり時間をロスします。いくら作詞者自身がピッタリ
 はまっていると思っていても音で伝えないと中々
 伝わらないことがあります。逆に文章だと伝わらなくても
 音だと簡単に意図が伝わったりします。

 例えば「小さい」という単語は ちー・さ・い と音符3つにも
 できるし ち・い・さ・い と音符4つにもできます。
 多くの単語がメロディに置くときに何種類もの置き方が
 できてしまいます。ボーカリストやボカロを打ち込む側は
 そこらの解釈を頭で考えながら時に作詞者に確認を
 取りながら実作業をすることになりますが、
 仮歌があればそこを省くことができて作業がとても
 スムーズになります。

 また収録して音にして一度聴いてみることで自身の
 歌詞を音として「客観的」に確認することもできます。
 楽器の演奏もそうなのですが、自分の演奏は一回録音してから
 聴かないと中々客観的に判断できないものです。

 作詞者が楽譜を読めるのなら、作曲者から楽譜を
 渡して楽譜にかなを置いてもらうのも作業の効率化に
 有効です。

■依頼者(作曲者)の経歴や過去作を確認してみて
 作曲する人の中には「作曲も作詞も両方やる」という人も
 多いです。実際、過去に他のサークルにいたときは6~7人
 くらい作曲をする人がいましたが、全員が作詞もする
 人達でした。作詞が出来る作曲者でも作詞者を求めることは
 あります。「歌詞を作る時間が取れない」「自分の作る
 歌詞に満足できなかった」「自分と違う作風がほしい」等の理由で。

 ですから作曲者の経歴を見て作詞もする人だったら
 その人の作った歌詞を見てみてみた上で
 その作曲者は自分にないものを求めてるのか?
 自分の好みを求めているのか?等を知ると
 色々見えてくると思います。逆に作曲者は
 ピアプロで歌詞を募集した時に応募された歌詞以外に
 応募者の過去作も見てみると参考になると思います。

 作曲者が自分で歌詞も作る人の場合は、歌詞の内容について
 相談してみたり一部だけ作曲者自身で作ってもらったり
 とか色々と柔軟なコラボの仕方も可能だと思いますよ。

■曲の感想も一言つけて
 これはお作法の話。
 ピアプロで歌詞募集の曲に対するレスを見てみると
 歌詞だけ置いて、後はヨロシク!みたいに去っていく
 人を見かけることがあります。とにかく曲をつけて
 もらいたくて色々手を出したい気持ちはわかりますが

 1行でも良いのでまず曲に対する感想や
 何故この曲に歌詞をつけようと思ったのか?等
 一言添えた方が良いと思います。作曲者としては
 ちゃんと自分の曲を聴いてくれた上で作られた
 歌詞を採用したくなります。コラボは人対人で
 進行しますからネ!ココ重要です。

 以上が曲先の場合、次回は詞先の場合に続く

(written by ちゃぷP)

ミックスあるあるミス 特別追加編

最近歌い手&ボカロPクラスタさんとのやり取りが
色々あって、その中でなるほど!こういう考えで
こういう処理をすることもあるのか~って
妙に納得したことがあったので・・・・ここに復活
MIXあるあるミス、特別追加編

■オケのリバーブとボーカルのリバーブのタイプが違う
 これは「歌ってみた」によく見られる傾向。 
 例えばオケがルーム系の響きなのにボーカルには盛大なホール系の
 リバーブがかかっているとか。これはボーカルが浮いたり埋もれたりする
 原因になります。ですから、ある曲でバッチリだったリバーブの設定が
 別の曲で上手くいくかというとそうではありません。歌ってみた等
 オケが先に用意されている場合はボーカルのリバーブのタイプは
 オケに合わせて選びましょう。

■左右に同じ波形を同じタイミングで置いてもステレオにはなりませぬ
 通常のステレオ環境でのモノラルの音というのは厳密には、
 正面から音が鳴っているわけではなく左右のスピーカーから
 同じ音が出ていることになります。ですからバックコーラスを
 ステレオにしようとして左右に同じ波形を置いても
 ステレオにはなりません。

 モノラルをステレオにする方法はいくつかあって
 ・クロスディレイで飛ばす
 ・左右に置いての再生のタイミングをずらす
 ・左右に置いて別のEQをかける
 ・ステレオイメージャー系のエフェクトを使う

 ぱっと思いつくだけでもこれくらいある。どれが正解とかはないし
 それぞれを組み合わせてもいけるので、色々試してみると良いと思います。

■ステレオ化に関してCubaseにおける注意事項
 CubaseにはMonoToStereoという一見便利そうなエフェクトが
 ありますが、これも含めてステレオ系のエフェクト
 (AutoPan等)はモノラルトラック上では効果がありません。
 でもインサートに置くことができるので・・たまにコレで
 ステレオになっていると勘違いしている人に出会います。



 またグループトラック(まあいわゆるバス)がモノラルだった場合、
 強制的にモノラルに修正されます。しかしCubaseでは普通に
 モノトラックにステレオ系のエフェクトを置けてしまう上に
 警告メッセージも出なく、効果もないときた。注意しよう。


 ちなみにモノトラック上でパンを振っていてもグループトラックがモノラルで
 センターに設定されていたら強制的にPANもセンターに戻されます
 これはバグではなく仕様なのだそうです。

 まあグループトラックは常にステレオで作るようにしとけば
 問題ないでしょうけど・・・

 同じDAWでもProToolsだとエフェクトにmono、stereo、mono/stereoの
 3種類があってモノトラックにmono/stereoのエフェクトを
 使うと出力がステレオになりますね。Cubaseではステレオトラックに
 モノラル波形を置いたり、モノラル波形をステレオトラックに置くことが
 できますが、ProToolsでコレはできません。Logicだと簡単に
 トラック自体のモノとステレオの切り替えができますね。
 DAWによってステレオモノラルの扱いは様々です。どれも一長一短ですが
 機能を理解しておく必要があると思います。


■左右にPANを振り過ぎ
 以前にも紹介したこのミスですが、もう少し詳しく解説すると
 自然界の音は右方向から音が鳴っていも必ず左耳からも音が聞こえます。
 完全に片耳からしか聞こえない音はありません。床や壁の反射音を
 含んである程度広がりを持ちます。ですから完全にPANを振った音は
 不自然に浮きやすいんです。特にヘッドフォンでは
 音が左右で完全に分離しちゃうんで顕著になります。
 各パートの音の置き方は頭の中に逆三角形をイメージしてその中に
 音を配置すると失敗しにくくなりますよ。やりすぎるとこじんまりした
 MIXになっちゃうけど。(^^;)



 これはちょっと図が悪いな。もっと広い三角形を想像して下さい^^;

 MIXをやっていると気がつくと思うのですがPANを振る前は
 あまり気にならなかった音が、思いっきりPANを振ったとたんに
 オケの中で浮いたりしたことはないですか?こういう場合は音量や
 リバ-ブで距離感を調整したり、反対側にディレイを
 飛ばしてやったりすると音が浮かなくなったりしますね。
 (まあ、ちょっとPANを戻してやってもいいのですが・・)

 音源の左右はPANで設定するとして・・距離感はどうするの?って
 ことですが音の距離感は音量、リバーブ、コンプ、EQ等で
 調整できます。音量とリバーブは分かるけど、コンプ、EQも
 距離感に関係するの!?・・て思われる方もいるかもしれませんが、
 それが関係するんです。

 コンプでガッツリ音をつぶすと音像は近くなります。マイクで
 音を収録する時に音源が近すぎると近接効果というものが起こり
 オーバーコンプと同じような状態になりますね。

 EQですが、4kHzあたりが音の前後感に関係してきます。
 あと低域も出ていると音が近く感じますね。PAN振りすぎの話から
 脱線しすぎてしまった。。。(^^;)


■なんでボーカルはモノラルで録音するの?
 MIXにはあまり関係ないのですが、ボカロ活動をする前から
 ネット上で音楽活動をしてきたわけで、その過程で様々な
 歌い手さん(ボカロ以外含む)と交流してきたわけですが、
 ほとんどの方がボーカルをステレオで収録して来られます。
 ボーカルはモノラルで録音しましょう。
 ボーカルだけではありません。ギター、ベースも基本モノラルで
 録音します。モノラルで収録後、必要に応じて左右に配置します。
 (とは言ってもボーカルとベースは基本そのままセンター配置ですが・・^^;) 

 理由はボーカルマイクもエレキギターもエレキベースも
 モノラル出力だから。ステレオで収録しても何も効果はありません。
 容量もHDDの負荷等のリソースも圧迫します。DAWによっては
 本来はモノラルエフェクトで良いのにステレオエフェクトを
 使わなくてはならなくなったりして、その分負荷も
 上がったりします。

 細かいことですが、ファイルコピーやDAWへインポートする時も
 ステレオの方がモノの倍時間がかかります。DAWによっては
 書き出しにも時間がかかるようになります。1トラックだけ
 ならまだしも、バックコーラス等で何トラックも使う場合は
 違いが顕著に出てくると思います。

 また多くのDAWでは視認性が悪くなることも。



 図は聴感上同じに聞こえるステレオトラックとモノトラックです。
 どっちが波形の視認性に優れるか?どっちが音量等のオートメーションを
 描く時どっちが描きやすいか・・一目瞭然ですね。
 おっ・・だからMIXと無関係ではないかも。


■最後にバックナンバーの案内
ミックスあるあるミス 初級~中級編 パート2
ミックスあるあるミス 初級~中級編
ミックスあるあるミス

音作りって本当に奥が深くて楽しいですね!自分はネタ曲を
よくやるボカロPですが、音に対してはいつも真摯に向かい
合っていきたいと考えています。

(written by ちゃぷP)

ちゃぷPの作詞方法の紹介 パート2

誰得か分からんけど今日はちゃぷPの作詞の仕方を解説パート2
主に曲先になるのですが・・・

●イメージする単語だけ先に集めてEXCEL VBAでランダム単語結合させる方法

 自作のVBAマクロでほぼ自動作詞できるものを作っています。
 人間の思考では思いつかないような単語の結合が
 起こることがあり、そこからイメージが膨らむことも
 あります。

 まずはこんな風に文字数別に単語辞書を作成します。(図1)


 

 次に文字数の構成を別シートに記載して(図2)ボタンを押すと・・

 歌詞.txtというファイルを生成します。ここに
 生成された歌詞ができます。一瞬で何度でも
 やり直し可能です。この方法でできた曲がこちら



 ボカロ曲でなくてスンマセン・・・(汗)

 マクロでなくても単語をカードに書いて無作為に
 カードを組み合わせるとかでも同じようなことが
 できますね。実際にそうやって作詞をする作詞家も
 いらっしゃるようです。

 余談になりますがVBAは楽しいですね~使えると
 職場で神扱いされることもしばしば。元々C言語から
 入った私ですが、VBAは違和感なくすんなり
 覚えることができました。リスクもありますが(^^;)

 しかし、そんな方法があっても歌詞ができないときは
 できなーい!特に私の場合は暗い歌詞かアホな歌詞しか
 できない。ポジティブだったり爽やかなものは単語も
 出てこない。そういう歌詞が欲しい時はCamelさん
 に丸投げですべて解決!

 ということで・・・・・
 Camel作詞、ちゃぷP作曲の2曲目鋭意作成中。

 ちなみに1曲目はこちら!





ちゃぷPの作詞方法の紹介 パート1

誰得か分からんけど今日はちゃぷPの作詞の仕方を解説。
名付けて「まずは母音だけで自分で歌ってみる方」
(まんまやんけ!)

母音だけで歌ってみてハマる母音を探します。
例えば「ああい・ああ」 という母音がハマった場合
そこからハマる言葉を探していくわけです。例えば
「ああい・ああ」 の場合は「甘い罠」なんて
単語が当てはまりますね。

ここから更に語彙を広げるために自作したツールがあります。
韻を踏める単語を探すことができる自作ツール「母音ちゃん」↓



例えば・・あまい(甘い)という単語に呼応する単語を
探したい場合はこのツールで「あ」「あ」「い」と
入力するとこのようなExcelシートが自動生成されます。



ここで表示されるのは単純な仮名の羅列ですから、
これを上から眺めていって意味がある言葉になりそうな
単語を探します。ここで見つかった言葉は・・・

あかり  (灯り)
あかい  (赤い)
あかし  (証し)
あさい  (浅い)
あさひ  (朝日)
あたり  (当たり)
あまり  (余り)
あわい  (淡い)
あやし  (怪し)
あらい  (荒い)
かわい  (可愛い)
かざり  (飾り)
かたち  (形)
かさい  (火災)
かなし  (悲し)
からい  (辛い)
たかい  (高い、他界)
たかみ  (高み)
たたり  (祟り)
たらい  (タライ)
たわし  (タワシ)
なかみ  (中身)
ななし  (名無し)
はかい  (破壊)
はだし  (裸足)
はなみ  (花見)
やさし  (優し)
わたし  (私、渡し)
わかい  (若い)
やまい  (病)

ってな単語になります。「言葉の響き」を優先したい
ケースでは使える方法なんでないかと思います。

このような方法を利用することで頭で考えるより
効率的に単語を探すことができると思います。

でなことで次回は自動作詞ツールの紹介。いつ
うpするかはオイラの気分次第・・・(^^;)

(written by ちゃぷP)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。