カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底辺P問題に思うこと色々(ちゃぷP)

Gekkayo ボーカロイド fan Vol.3 で特集があった
底辺P座談会。これを読んだ人の間で様々な議論が
交わされましたね。

http://togetter.com/li/208493
togetterにまとめがあります。底辺Pに対する考えは
人それぞれなのですが、こういう議論があること自体は
とても良いことだと思います。

何が底辺Pかってことに対する解釈は人それぞれだと思うのですが、
それでもはっきりしている事はいくつかありますよね。

■底辺Pは自称として使われる言葉
 誰かが他人の事を指すのに底辺Pという言葉を使うことは
 ありませんよね。このことから推測するに底辺って言葉は、
 謙遜だったり、現状に納得できずもっと高みを目指す気持ちの
 表れだったり、あえて現状の自分の立ち位置を認めた上で
 状況を楽しもうって姿勢だとか・・・そういう風に
 受けとめることができるんじゃないかなと。
 やり過ぎると卑屈になっちゃうのですがネタ範囲を超えた卑屈な
 人ってあまり見たことがないような気がします。

■作品への思いは有名Pも底辺Pも関係ない
 もう1つはっきりしている事は一生懸命思いを込めて作品を
 作ってるって点に関して有名も底辺も全く関係ないってこと。
 実際自称底辺Pの皆さんも自分の作品の対する思いまで
 底辺であるなんて言ってる人は1人もいないでしょ?
 逆にむしろ作品に対する思いが強い人の方が多いような
 気もします。

■クオリティも正直あまり関係ない
 私個人の感想ですが作品のクオリティに関しては
 既に有名も無名も関係ない所まで来ていると思います。
 殿堂入りの曲を聴いてみても???と思うこともあるし
 (もちろんいい曲もあるよ)500再生くらいの曲でも
 SUGEEE!と思う曲もあります。
 もちろん再生数が多い曲ほどよく出来ているものに
 出会う可能性は高くなるのでしょうが、正直好みやクオリティと
 ニコ動の数値って一致も比例もしていないと思います。
 素直に心から好きと思える曲に出会えた人が勝ちではないでしょうか。

■底辺Pの曲を好きになった方へ
 「ボカロPが自分自身のことを底辺って言っちゃうと、
 自分の曲を好きな人に対して失礼」という考え方も
 ありますよね。その気持ちも分かるし有難い!
 ですが、ネタ範囲でP本人が自分の事を底辺て言っちゃってる
 場合は・・・生暖かく見守ってやって下さい(^^;)。

 そしてカリカリするのではなく逆に
 「自分はニコ動の流行とか有名Pとか底辺Pとか
 関係なく、分け隔てなく好きな曲を探し求めて聴くことが
 できるんだ」と自信を持って下さい。

 そういう有名無名関係なく視聴して下さる方々が多くの
 ニコ動のクリエーター達の底力になっているんじゃないかと
 思います。

■有名Pは有名Pで苦労があると思います
 最後にフォローを。有名Pは有名Pで様々な苦労があると
 思います。アンチがいたりいわれのない中傷を受けたりとか。
 顔が割れてしまった後に受ける中傷なんて凄い
 ダメージを受けるんじゃないかと思います。その中で
 期待や嫉妬を受けるのですからそれはそれで大変だと思います。

有名だろうが無名底辺だろうが色々大変なことはあると思うのですが、
それでも物創りが楽しいから作ってることには変わりありませんよね!?
底辺とか有名とかそういう表面上の言葉遊びでなく直接作品を見て
もらえる世の中。そういう物創りをする人達が健全に楽しんでいける
世の中になっていけば良いなと思う今日この頃です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

当たり障りのない内容ですね。あと何が言いたいのかよくわかんなかったです。ごめんね。

No title

コメ有難うございます。確かに思ったこと色々並べただけですからね^^;)
今度からもうちょいはっきりと結論を出すようにしてみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。