カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー初心者向け作曲講座:パート4

さて今回で最終回!

ドミナント(V7)というコードを使う。
 ここでついに黒鍵盤を解放となります。


その曲のドミナントの確認の仕方
 1. まずはキーを確認しよう。サビの一番最後にしっくり
   来るベース音があるはず。凄く乱暴ですがそれがキーです。 

 2. キーから右に5つ移動して7thを足したコードがドミナント

  11/22 ドミナンドのコードネーム間違えてたので修正しました...orz

  例によって押さえ方は自由。前後のコードの押さえ方に近い
  押さえ方にしとけば無難だと思うよ。あと黒鍵の音はメロディと
  ぶつからないように気をつけよう。

 (キーがBになるケースはレア。普通に白鍵盤縛りルールで
  曲を作るとキーはBにはなりにくいかと。)
  

 3.キーとなるコードの前とかにこれを混ぜるとしっくりくるよ。
  無理に使う必要もないけど。


ドミナントモーションは作曲の基礎ですが、最初にこれを知ると
そればかりに捕えられてしまいがちです。ですから白鍵縛りルールの
中でもなるべく自由に作曲してもらうために、ドミナントに
対する解説は最後に持ってきました。

これから先にもスケールとか代理コードとかサブドミナントとか
色々知ってると便利な知識はあります。現状は作曲のほんの
入り口です・・・が、ここまでの知識だけでも何か作れそうな
気がしてきませんか?実際これくらいの知識だけで
あとは感覚だけで凄い曲を作る人も沢山います。
ここから先、更に色々知りたければ次は市販の作曲テキストへゴー!

でも一番のコツは諦めずに何曲も作ってみることだよ。
自分だけのオリジナル曲を作る喜びがそこに待っているヨ!

あとがき
 作曲できる環境は普及してきているのに新たに作曲を
 始める人は少ないなあ・・・というのが昨今の
 ネット音楽社会での印象。音楽への関わり方として、
 作詞・歌うことに比べて、作曲ってちょっとハードルが
 高い印象なのでしょうネ。

 そのせいか?音楽創作のサイトでは作詞希望と歌い手
 希望であふれており作曲をする人があまりに少ないです。

 思うに作詞や歌っているひとの中にも実は自分だけの曲が
 作れたらなぁ・・と思ってる人も少なくないんじゃないかなと
 思うんですね。そんな方々や作曲をしてみたいけど
 難しそう・・楽器もできないし・・ってな人達が作曲をはじめる
 手助けになれたらなと思います。

(written by ちゃぷP)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。