カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のボカロ騒動色々

こばまわ、ちゃぷPです。

ボカロ界は何かと騒動が絶えないですね。何か必要以上に
騒ぎが大きくなっているようにも感じられます。

以下勝手な憶測ですが、ボカロ音楽って音楽界の中でも特殊な
ポジションで、まずはボカロ音楽そのものが音楽の中でも格下に
見られがちであり、その一方では制作者の顔や名前がほとんど
出てこないJ-POPと比べて、多くがアマチュアであるにも
関わらず制作者の偶像化やブランド化が進んでいる世界でもあります。
このような背景の中、嫉妬や身近な憧れ等の様々な感情
(言いかえればアンチや信者)が発生しやすくて、その分
騒動も大きくなりやすいのかな?・・・てなことを考えています。

作曲をしたことがある人なら分かると思いますが、頑張って作った
曲が偶然にも既存の曲に似ていてガッカリしたことは一度や
二度じゃないはずです。偶然の一致とパクリは違うものです。
偶然の一致は部分的には誰にでも起こり得るし、著作権法でも
保護されている事象です。パクリと非難された曲の中にも偶然の
一致だったものもいくつかあるのではないかと思います。

その一方で音楽はある程度パターンが決まっていおり、
あらゆるパターンは出尽くした・・・という意見を耳に
することもある。私はこの意見には反対したい。

音楽はコード進行だけじゃない。テンポ、リズム、メロディ、
楽器編成、音色、演奏表現。歌物の場合は歌詞とか
様々な要素で構成されています。また同じコード進行でも
パッキングパターンやボイシングのパターンも様々。
そして譜面には出てこない要素も沢山あります。楽曲の背後にある
「表現したいこと」も様々。まだまだ可能性はあると思います。

逆に言えば、テンポ、キー、リズム、コード、メロディ、楽器編成が
曲の出だしからサビに渡って偶然にも一致する確率は極稀だと
思っても良いかと。あらゆるパターンが出たからといってそう
簡単に一致するものではない。これらが一致している場合は
パクリ認定でも構わないんじゃないかと思う。

壮大な脱線・・・・・で!結局何が言いたいかと言うと
物創りをやってる立場としてはパクリ、剽窃、勝手な改変による
著作者人格権の侵害等は許せない気持ちにはなりますが、
それよりも何か事が起こる度にボカロ全体を否定するような
発言をして煽ってくる輩や騒ぎを無駄に大きくするような発言には、
イチイチ気を取られずに、じっくりと自分を見据えて活動を
していきたいな・・・てなことであります。

そして前から言ってる作曲講座はどうなってん!?って話ですが、
文章は出来てるのですが実際にサンプル曲があった方がいいだろうなと
思って曲を作ってるとこです。時間かかってすんません(滝汗)

(written by ちゃぷP)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。