カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作詞をされる方へ Part1

音楽やそのPVの制作には様々な役割があります。。
作詞・作曲・編曲・MIX・マスタリング・絵・動画等々。
ピアプロ等の音楽系のSNSではそれらを分担してコラボを
行うことができます。その中でも今回は「作詞」に
着目してみたいと思います。

作詞って間口が広いこともあって大変だと思います。
この前ピアプロで検索をしてみたところ
歌詞募集の曲が1228、曲募集の歌詞が21006という結果が・・・・
歌詞の数が多すぎて全く曲がつかない歌詞が
ほとんどなのが現状ではないかと思います。

私も過去ボカロPになるずっと前から音楽系SNSを通じて、
様々な方に作詞をして頂いたことがあります。その経験から
コラボで作詞を担当を希望される方に、作曲側として何点か
お願いしたいことがあります。作詞をされる方はご参考にどーぞ~。
もう分かりきってる!という方はスルーの方向で。

あとこれは自分個人の考えですから全ての作曲者が
そうであるとも限りません。(と保険をかけておく)

とりあえず曲先と詞先で区別してみました。

----------------------------------------------
「曲先」で作詞をする場合
----------------------------------------------

■まず自分で歌って確認してみて
 最低限これは行なって欲しいです。
 ほんとうにメロディにハマるかどうか?
 また実際に音にして歌ってみないと分からないことも
 沢山あります。

  ・文字数があわない(合ってるつもりでも歌ってみたらアレ?ってことは多い)
  ・違う単語に聞こえないか?
  ・違う意味にも解釈できてしまわないか?
  ・イントネーションとメロディは合っているか?
   (例「橋、箸、端」等)
  ・同じ単語使いすぎ等。
   (文字で気にならなくても音では気になったり)
  ・カッコいいと思った単語が音にするとイマイチじゃないか?
 
 一度でなく何度か自分で歌ってみてください。
 歌詞とは音になることが前提です。音にしたらどうなるか
 までを考えて作成して下さい。

■仮歌を録音してみて下さい。
 作業の効率化が図れます。歌がうまいとか下手とか
 音質とか・・そんな事は全然関係ありません。音を
 確認できることで作業効率が飛躍的に上がります。
 安いマイクがあればPCでも録音できますし
 携帯電話でも録音は可能だと思います。

 正直、歌詞をテキストだけで貰っても、必ず
 何箇所かメロディにハマらない箇所が出ます。
 そこからメール等での確認や修正作業が入ります。
 レスポンスが悪い相手だと、それだけでメールの往復があり
 かなり時間をロスします。いくら作詞者自身がピッタリ
 はまっていると思っていても音で伝えないと中々
 伝わらないことがあります。逆に文章だと伝わらなくても
 音だと簡単に意図が伝わったりします。

 例えば「小さい」という単語は ちー・さ・い と音符3つにも
 できるし ち・い・さ・い と音符4つにもできます。
 多くの単語がメロディに置くときに何種類もの置き方が
 できてしまいます。ボーカリストやボカロを打ち込む側は
 そこらの解釈を頭で考えながら時に作詞者に確認を
 取りながら実作業をすることになりますが、
 仮歌があればそこを省くことができて作業がとても
 スムーズになります。

 また収録して音にして一度聴いてみることで自身の
 歌詞を音として「客観的」に確認することもできます。
 楽器の演奏もそうなのですが、自分の演奏は一回録音してから
 聴かないと中々客観的に判断できないものです。

 作詞者が楽譜を読めるのなら、作曲者から楽譜を
 渡して楽譜にかなを置いてもらうのも作業の効率化に
 有効です。

■依頼者(作曲者)の経歴や過去作を確認してみて
 作曲する人の中には「作曲も作詞も両方やる」という人も
 多いです。実際、過去に他のサークルにいたときは6~7人
 くらい作曲をする人がいましたが、全員が作詞もする
 人達でした。作詞が出来る作曲者でも作詞者を求めることは
 あります。「歌詞を作る時間が取れない」「自分の作る
 歌詞に満足できなかった」「自分と違う作風がほしい」等の理由で。

 ですから作曲者の経歴を見て作詞もする人だったら
 その人の作った歌詞を見てみてみた上で
 その作曲者は自分にないものを求めてるのか?
 自分の好みを求めているのか?等を知ると
 色々見えてくると思います。逆に作曲者は
 ピアプロで歌詞を募集した時に応募された歌詞以外に
 応募者の過去作も見てみると参考になると思います。

 作曲者が自分で歌詞も作る人の場合は、歌詞の内容について
 相談してみたり一部だけ作曲者自身で作ってもらったり
 とか色々と柔軟なコラボの仕方も可能だと思いますよ。

■曲の感想も一言つけて
 これはお作法の話。
 ピアプロで歌詞募集の曲に対するレスを見てみると
 歌詞だけ置いて、後はヨロシク!みたいに去っていく
 人を見かけることがあります。とにかく曲をつけて
 もらいたくて色々手を出したい気持ちはわかりますが

 1行でも良いのでまず曲に対する感想や
 何故この曲に歌詞をつけようと思ったのか?等
 一言添えた方が良いと思います。作曲者としては
 ちゃんと自分の曲を聴いてくれた上で作られた
 歌詞を採用したくなります。コラボは人対人で
 進行しますからネ!ココ重要です。

 以上が曲先の場合、次回は詞先の場合に続く

(written by ちゃぷP)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。