カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載企画:サークル発足への道 その3

前回からの続き
できれば前から読んでほしっす。

--------------------------------------------------
■.音楽SNS時代のサークル活動での経験 その1
--------------------------------------------------

かつて音楽系のSNSで知り合った仲間で音楽制作サークルを
結成していたことがあります。活動が盛んになると必ずCD化や
イベント参加等の話が出るのですが、そこまでの活動と
なるとプレス・印刷代、参加費等の資金が必要になります。

活動の幅を広げていくにはやはり・・ある程度の投資は必要です。
しかしながら、そのサークルには未成年もおりお金の話は
難しいものでした。

またお金のやり取り=銀行振込等が発生するということになり、
そこには本名等の個人情報のやり取りも発生します。
活動の幅を広げる場合、金額の大小は関係なくお金の話は
必ず障壁となります。資金は誰かが善意で出してくれることが
あっても今度はじゃあ収益はどう扱うのか?とか。

ですからネット上のサービスを使った展開であっても
有料のものは誰かの善意に頼る以外はNGとなります。

それが大きな壁となってそのサークルの活動内容は
ネットの無料のサービス上にmp3を置くことが中心でした。
それもあってか音楽系のSNSが衰退すると、その影響を受け
結局聴いているのは制作者のみでないか!?という状況に
なっていきました。

そんな末期を経てそのサークルは解散しました。
(実はゲスト参加して頂く予定のがてらP、7Pはその時の
サークルで一緒に活動していた仲間だったりします。)

いろいろ不満も記載しましたが、今でも関係が続くよき仲間に
出会えたのもここです。お互いがフリーになってフットワークも
軽く以前より付き合いやすくなったような・・(^^;)

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。