カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載企画:サークル発足への道 その2

前回からの続き
--------------------------------------------------
■.音楽制作と金銭感覚
--------------------------------------------------

2006年ごろ・・という大昔プレイヤーズ王国という
音楽系SNSがありまして、その頃によく、ネットを介しての
音楽共同制作を行ってました。

複数人での音楽制作というと昔はバンド活動が
中心であり、一生懸命働いてお金を出して楽器を買って、
スタジオ代を払ってスタジオで練習して・・・という
流れがあった訳ですが、時代の移り変わりとともに
DTMで制作してネットにアップロードという流れが
多くを占めるようになってきました。

プレイヤーズ王国を始めとする音楽系SNSでは、曲を
作る人、演奏をする人よりも、歌いたいという人、作詞を
したいという人が多かったように思います。

本気で歌っている人や作詞をしている人には申し訳ないの
ですが、歌・作詞は演奏や作曲よりもインフラも
少なくて済み気軽に参戦できます。それ故か演奏や作曲に
比べるとバンド経験がない人も多かったです。

・・・となってくると何が起こるかというと「活動に
お金をかける」という感覚に差異が出てくるんですね。

特に歌い手さん(今のボカロ界隈の歌い手さんとはちょっと
毛色が違うと思います)の中にはチャットマイク等で歌っていて
酷い音声素材を送ってくる人もいました。せめて「歌いたい」
「作品として残したい」と思うのであれば
オーディオインターフェースとマイクくらいは買って
欲しいのですが・・・それら合わせて最低でも1万以上となると・・
中には「何それ!高い!」と驚かれる方も少なくなかったんですね。
貧乏学生でもなく働いている方だというのに。

自分にとっては、昔と比べると楽器・機材類は相当安くなって
きていると感じられるのですが・・・これは、まあ
どこまでを最低限の音とするか、いくらまでなら
音楽制作にお金をかけても良いと思えるのか?

良いとか悪いではなく各個人それぞれの感覚の違いでも
あるのでしょうね(^^;)
それだけいろんな種類の人がいたということ。

(個人的には作詞をする人でもチェック用等の
ボイスレコーダーや文字だけでなく音をやり取り
できる環境が欲しいと思う)

この出来事は私の中で結構大きな出来事でして
昔は「バンドやろう!」となったときは弦等の消耗品や
スタジオ代等ある程度「活動にはお金がかかるもんだ」と
メンバー皆が認識して動いていたのですが・・・ネットを
介した音楽系SNSでの共同制作では、お金がかかるような
案件は避けて見送るように気を遣っていました。

つづく

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。