カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載企画:サークル発足への道 その13

前回の「用意すべきもの」からの続き
できれば前から読んでほしっす。

--------------------------------------------------------
■金勘定のお話
--------------------------------------------------------
サークルをやっていく上で避けられないのが、この
金勘定をどうするかって点です。過去にもここで躓いてます。
サークル名が決まる前からどうすべきか色々と
悩んでいました・・・

最初にリリースする予定の2枚のCDは初期資金が
不足しているため固定費ではなくインセンティブ方式を
取ろうと思いました。「よく分かる音楽著作権ビジネス」を
参考にこのような方式を考案しました。



・CDの売り上げの1/3がサークルの取り分
・残りの2/3を曲ごとに割って1曲あたりのインセンティブを算出する
・作詞:作曲 = 1:1 
・作詞:作曲:編曲 = 11:11:3
  →それぞれ担当者同士で割合を決めるのはあり
・マスタリングは自前なので基本無しだがもし外部へ委託する場合は事前に
 固定費で支払う。
・音以外の部分はかなり未定です。ジャケ絵等の印刷物は
 固定費として事前に支払うか、もしくは売り上げごとの
 インセンティブか。絵師さん自身に選択してもらうのもアリかと。
 ここらは相手と直接話し合えればと思います。

楽曲部分の分配を図で示すとこんな感じです。
(クリックで拡大)
kaikei.png
まだ暫定ですのでこの先どうなるか分かりません。
変更の可能性も大いにあります。

この方式にも難点がありまして、委託販売や通販が
発生した時、再販した時の計算がややこしくなると
いうことです。

実際、通販等の委託販売はやりたいと考えていますが月〆で決済にするか
三ヶ月ごとに決済するかは様子を見ないことには分かりません。

CDのみ今回のようなインセンティブ方式で通販や
ダウンロードは個別に固定費というやり方もあるかも
しれません。

ここまでキッチリ?やるからには「未成年とのコラボは
避ける」という方針も分かって頂けるかと思います。

逆に今までの解説を読んでみて「参加してみたい」と
思った方がいらっしゃれば私まで声をかけて下さい。
chapter5_p@yahoo.co.jp

また、必ず関わった人全員に金銭の支払いが発生するか
というとそうでもなく2小節の波形素材の提供とかの
「プチ参加」の場合はCDへのクレジットという形で
しかお返しできないケースも考えられます。また、
先方から希望があった場合は、こちらから曲を提供して
労力の交換というケースも考えられます。とりあえずは
様々なケースを想定してみます。

いずれにせよ参画して頂く場合は最初に説明をして
同意を頂いてから具体的な作業に入って頂こうと思います。

まだまだ考えないといけないことが色々あるじょー!
曲を量産してるだけでは何も進展しないのだ!

つづくぜ!次回は「サークル結成で失ったもの」です。l

(written by ちゃぷP)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。