カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミックスあるあるミス 初級~中級編

以前やった「ミックスあるあるミス」
初級~中級編です。

初級編はこちら

■コンプをかけると音が大きくなると勘違い
 基本的にコンプレッサーはスレッショルドを超えた音を
 一定の比率で圧縮するので音は大きくなりません。
 むしろ小さくなります。しかし、それを勘違いして
 いる人が多いです。その圧縮して小さくなった分を
 Output(MakeUp)を上げてトータルでの音圧を
 稼ぎます。


■コンプのアウトプットで音が大きくなっただけなのに
 コンプレッションで音圧が上がったと勘違い
 
 音がスレッショルドまで達しないとコンプレッサーは
 効果がありません・・・よく見てみるとアウトプットで
 音量が上がっただけだったとか・・


■MIX本等書籍のエフェクト値を信用しすぎ 
 エフェクトの各種パラメーターの適正値はソース波形に
 よっても違うし、目指す音によっても異なります。
 書籍とかに乗ってる値をそのまま入れたらプロと
 同じに音になるかというとそうでもないです。また
 メーカーや種類によって同じ値を入れてもかかり
 具合や挙動が違いますから耳で確認しよう。EQ
 なんかもそう。まずはどこに問題があって何を補正しよう
 としているのか考えよう。

 そのためにはモニタリング環境やメーター類が重要になります。
 まずはしっかりした環境を整えよう!


■必要ない&効果がよく分からないエフェクト沢山
 セオリーだからエフェクトを使うのではなく本当に
 必要かどうかを考えよう。効果を理解してうっすらと
 掛けるのは全然アリですよ~


■オーバーEQ
 EQかけすぎ。略してオバQ。音色を作る段階での積極的なEQなら良いのですが。。。
 ミックス段階でオーバーEQで良くなることはあまりないです。
 そういう場合は「そもそも音色選びからして間違ってないか?」
 見直した方が早いかも。


■レイテンシー(遅延)
 一部のエフェクトにはレイテンシー(遅延)が発生するものがあります。
 特にIRリバーブ系やリニアフェーズ系は要注意。特定の
 同じエフェクトでもVSTかRTASかで遅延の出方が
 違ってきたりします。少しの遅延でも位相ずれを
 引き起こす原因になることもあるし、グルーヴ感を損なう原因に
 なることも。DAWによってはトラックごとの遅延値を
 見ることができるよ。

初級~中級編はパート2も用意してるよ。

(written by ちゃぷP)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。