カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分とがくぽとボーカロイドと

ブログで書くネタがなくなってきたので何となくですが
自分とボーカロイドのなれ初めについて語ってみようと思います。
過去にブログで語ったことと大分被ってると思いますが・・

実は初音ミクが登場する前からボーカロイドを使ってました。
使ってたのはミリアム。当時自分で作詞・作曲・歌をやってましたが、
それらの曲のバックコーラスに使うのが目的で購入しました。
透き通るような歌声が魅力です。デモソングの出来が素晴らしくて
ノックアウトされました。

デモはこちらで聞けます。
http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=24930今や
今は2万円以下で購入できるんですね(--;)僕が買った時は
4万以上してたのですが・・・・・・・orz

その後初音ミクブームがやってきます。
僕は一応アニメや特撮とかも観ますが、萌えキャラとかには
あまり興味がなくて逆に初音ミクのようなキャラクターに
最初は抵抗感を持っていました。また当時エレクトロニカ系の
ボカロ曲が流行っていて、ロック畑の自分には介入する余地が
なさそうなので見送ってました。

と同時にその頃自分で歌うのには正直限界を感じてました。
自分の声質が好きじゃないのと、どんどん忙しくなって歌を
練習したり録音する時間やスタジオも取れない。あと自分で
歌ってた時は職場での嫌な出来事を毒にして吐き出していた面も
あって一通りの毒を吐ききった感、やりきった感もありました。

その後は月読アイで朗読ネタ動画を作ったり洋楽カバーをしたり。
オリジナル曲はしばらく作っていませんでした。正直音楽を
創作する気力が全く起こらなかったのです。2008年~10年くらいの
間でしょうか。実際この期間はほとんど作曲をしていません。

そこで出会ったのが「がくっぽいど」。購入のきっかけは
やはり声質でした。この声なら僕が作る曲にも使えそう!ってのが
一番の理由です。二番目の理由はネタ曲もいけそうだから(^^;)
すんませんすんませんスンマセン・・・(でもネタ曲も立派な
クリエイトだと思っています)

正直がくぽに出会わなかったら・・もうオリジナル曲を作る事を
辞めていたかもしれません。それくらい自分の中では大きな
変化だったと思います。

以下ボカロ曲を作り始めて分かったことです。以前にも
言ったことがあると思いますけども・・

■作詞の自由度が上がる
 これは明確にそうです。自分で歌うことが前提で作詞していた時は
 自分に経験がないことは歌詞にできたとしても歌うことに抵抗が
 あり歌唱まで踏み切ることができませんでした。ボカロではそこに
 対する抵抗感は皆無です。恋愛の歌とか自分の作詞だと
 (*゜Д゜*)アヒャー!ってなって歌えませんがボカロなら問題
 ナッシングです。あと自分で歌う場合はネガティブな歌詞が
 多くなりがちでしたがボカロにしてからはポジティブだったり
 物語っぽかったりと様々な歌詞を作るようになりました。

■横の繋がりが熱い
 イベントに参加してみると特にそれを感じます。
 作曲をやる人同士もそうですし、イラストを描かれる方や
 他の創作をされている方とも知り合えるのが大変刺激的です。
 各種イベントの存在やコミュニティーの大きさはこの界隈の
 大きな魅力だと思います。

■キャラクターのライセンスが明確
 これは曲や動画を作る立場からすると大変ありがたいです。
 CDを出すまで踏み切り易かったです。

■キャラクターがあることのメリット
 最初は抵抗感があったボーカロイドのキャラクター先行ですが、
 多くのイラストやMMDモデル等の広がりも出ていますし
 実際に曲を作ってみて「キャラクターに歌わせる」という
 面白さもあることが分かりました。最初がくっぽいどを
 手に入れた時には正直声が出るシンセサイザーという
 認識しかありませんでした。しかし、自分で作った世界感を
 がくぽに歌わせて、その曲に笑ったり泣いたりしているがくぽの
 動画を制作しているとやはり自然と思い入れが出てくるもので、
 これは自分で実際に何か作ってみないと湧き上がって来なかった
 感情なんだろうなあと思います。今ではがくぽと一緒にユニットを
 組んでいる気分で音楽制作をしています。

デメリットはボーカロイドというだけで聴いてくれる人がいる
一方でボーカロイドというだけで聴いてくれない人もいるということ
でしょうか。こればかりは仕方がないと思う所もあるのですが
CDのジャケットはボカロ界隈以外の人でも手に取りやすい感じの
ものにするとか、そこそこ?配慮はしています。

この先どんな展開が待ち受けているのか分かりませんが、今が
気軽で自由で多くの人とも出会いやコミュニケーションがあって
充実しています。しばらくはこのスタイルで継続して活動
していきたいと思います。

ではでは次回はイベント情報の更新です!

(ちゃぷP)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。