カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神威's HEAVENに隠された秘密



神威's HEAVENですが11トラックあるもののアルバムの
本編は1~5トラックとなっています。
このアルバムは曲数が少ないだけにテーマも統一感があって、
曲の世界観は様々ですが、タイトルの通りHEAVENを求める人々の
姿が共通テーマとなっています。

5曲目の宴 -gakuko edition-の終了後にもう一度
1曲目のHEAVENのリフが入ってエンディング・・・という構成
になっており過去作よりアルバムとしての統一感もあるのでは
ないかと思います。

この演出・・・狙ったわけではなく偶然です(^^;)

実は作詞をきゃらめるPに依頼する時にVSQXという形式の
ファイルを渡すのですが、手順としては
Cubaseという作曲用のソフトからMIDIを書き出してそれを
VOCALOID用のVSQXというフォーマットに変換するんですね。

MIDIの書き出しの時に後ろの方にあった曲の
範囲外の余分なフレーズも一緒にMIDIに
書き出してしまって、
きゃらめるPがそこにも歌詞を
つけてしまったと・・・・うぁあああスンマセンスンマセン

歌詞的には最後の言葉がないと締まらないのでどうしよう??・・と
話し合って悩んだ結果今回のような演出になりました(^^;)

でもお陰でアルバムとしての世界観の統一は出たしオケトラックにも
スムーズに繋がるし結果オーライ!?

いや・・すんません・・・今後は気をつけます・・・orz

(ちゃぷP)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。