カウンター
プロフィール

MANTIFONICA

Author:MANTIFONICA
CH∀P(ちゃぷP)による音楽制作関連の個人サークル。

何かございましたらメッセージフォームへご連絡下さい。

MANTIFONICAへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラボや依頼の際に気をつけている事

久々のブログの更新。。その前に

明日はイベント参加です!
コミックトレジャー22 インテックス大阪
11:00~15:00 スペースはハ-20b
イベント内ではプチオンリー VOCALOID JAM3が開催されるよ!

大きな地図で見る

分散してブログを更新できたら良いのですが、そこまで器用
じゃありません(汗)ブログは書きたい時に書きたい。
ってことで今日の本題。

さてさて6月7月で6曲出したわけですがボカロをはじめたばかりの頃
みたいに1人でセコセコ作ることは無くなってきて、色々な方の協力を
頂いて制作する機会が増えてきました。

そんな中、今日はコラボとや依頼をした時に僕が気をつけている
事について記載してみたいと思います。

----------------------------------------------------
□1.相手にも楽しんでもらえるように。

依頼相手や一緒に制作をして下さる方が普段どんな作品を
作っているのかどんな作品に関わってきたのか?普段Twitterや
ブログでどんな発言をされていて、どんなものが好きなのか?を
気にかけて接しています。

これは過去のコラボ要望や制作依頼を受けた時に相手が僕の活動や
作品に全く興味を持っていない事があって凄く嫌な気分になったことが
あり、それを反面教師に学ばせて頂きました。依頼される側はともかく
依頼する側は知っておくべきことだと思います。

あとリテイクをお願いする時はネガティブな言葉は使わないように
意識しています。声が引っ込んでる・・じゃなくて声をもっと前に出したい
みたいな。同じ内容でも言い方が違うだけで印象が随分と違うものです。
趣味でやっているからには楽しまないと意味がありませんよね。
あと楽しんでやる方がクオリティーも上がりますから一石二鳥です。

定期的に連絡を入れることも気をつけています。定期的ってのが・・
人によるかと思いますが自分は二週間に一回くらいは進捗を報告することを
心がけています。自分自身が作品を作る気がある!って所を見せておかないと
相手もついてきてくれません。放置はモチベーション低下やトラブルの
元だと思います。


----------------------------------------------------
□2.クレジット表記を確認する

クレジットの出し方やスペルとか。著作物の制作者には氏名表示権って
ものがあります。マナーだけでなく法律的にも定められていることです。
氏名表示権は表示して欲しいってだけでなく表示して欲しくないって
権利も含まれています。ちゃんと確認が必要ですね。そして無断転載なんかは
この権利の侵害でありますし、二次著作でも本来は表示すべきです。

脱線しますが、歌ってみた動画で元動画を使っている人がいますが
動画の違法ダウンロードや著作権云々はまた別の問題として、そういう場合は
氏名表示権の観点からボカロPの名前だけでなく動画制作に携わった人達の
クレジットも記載しておくのがマナーだと思います。タグは誤って観に来る人が
いるかもしれませんから動画説明文に記載するのが妥当かと思います。


----------------------------------------------------
□3.意図しない表示や改変はないか

著作物の制作者には同一性保持権という権利があります。意図しない表示や
改変をされない権利です。動画にイラストを使わせて頂く場合なんかは
動きをつけたりエフェクトをかけたりします。動画公開時にイラストレーターさんが
あれ?!こんなつもりでこの絵を描いたわけじゃないのに!?って
ことにならないように事前に動画を送って確認して頂くようにしています。


こんなことを言っておきながらも自分もまだまだ修行中の身で配慮が
足らずに複雑な思いをさせてしまうこともあるかと思います。制作テクニックに
関する向上心とは別にこういう界隈の方々との関わり合いに於いても
向上心を持って挑んで参りたいと思います(^^)>

(ちゃぷP)
スポンサーサイト

継続は力なり!?

神威がくぽ誕生祭2013を記念するニコニコ動画の生放送で
がくぽで楽曲を制作されているPさんにアンケートという企画があり、
8名のPさんが選ばれたのですが、その中に私ちゃぷPがおりました。
大変光栄なことなのですが、自分より人気のP様も沢山おられる中で
自分でいいのかな?と思う面も。本当はそんな精神ではダメ
なんだろうなと思いますケド・・・(^^;)

2年前…某がくぽコンピアルバムの企画を知った時も
自分が参加しても迷惑だろうなという考えで静観してるだけで
不参加でした。あの時から比べて今は少しは進歩したのかなぁ?
実際、視聴者の方々にとってもまだまだ「ちゃぷPって誰?」
って方も多いだろうなと思います。

しかしながらその一方で「継続は力なり」ってことは実感して
います。定期的にブログを更新したり、定期的に曲を発表したり、
アルバムを出したり、イベントに参加したりと・・・
これまで定期的に【継続】して活動してきたからこそ、今回も
声をかけて頂けたのだと思いますし、熱心に曲を聴き込んで
下さる方がいたり、細かく動向をチェックして下さる方がいたりとか。。。。
本当に有難い事でお陰様でモチベーションをキープできています。

放送の後半では視聴者様の中に私の曲「IMMORAL」をリクエスト
して下さった方がいたのですが、超有名曲が連続で流れている
あの状況で再生数が600ちょいのこの曲をリクエストして
頂けることがどれだけ嬉しかったことか。



一極集中化が激しく新参のボカロPには厳しい状況が続いていると
思います。自分がボカロを始めた時が既にそうでした。
しかし根気良く継続して活動してるとこんな事もあります。
伸び悩んでいるPさんも沢山いらっしゃると思いますが
焦らず継続して活動していってもらえたらなと思います(^^)

さて今年度も後半戦に入りましたが引き続き宜しくお願い致します(^^)>

(ちゃぷP)

あぁああああああブログのネタがないよおぉお!

あぁああああああブログのネタがないよおぉお!
ブログをデスブログにしないって決めてる自分からしたら一大事ですぞぉ!

といことで徒然なるままに近況とお知らせをば・・・

・GUMI誕生祭曲は3曲ともほぼ完成です。僕がやる作業もありません。多分・・・
 UPまでお待ちを~!第一弾は6/13にUP予定です!


・6/16(日)ComiCon京都in勧業館78
 売り子様募集中
 いや売り子様が必要なほど客が来るとも思えないのですが(汗)
 トイレに行く時の店番とか話相手とか。。。イベントってどんなのか知りたい方や
 入場料浮かせたい方などなどご連絡下さい。サークルチケットを余らすのも
 勿体ないですしね^^;


・6/23(日)インタネパラダイス
 Twitterで売り子様を募集した所、とあるフォロワー様が来て下さることに
 なりました。こういうのって普通は凄く警戒されると思うのですが、
 きっと私を信用して下さってのことだと思います。粗相のないように
 したいですね(^^)

 打ち上げはこちらに参加する予定です。実はこれが本番?
http://twipla.jp/events/52130
 凄く凄く楽しみにしています。


・GUMI誕の次はがくぽ誕生祭。今のままいけば5作品!投稿の予定です。
 そのうちの一曲の歌詞(まだFIXしてない)を公開しときます。
 カムイズだよ!

    -------------------------------------------------
    歪な円舞曲(思いっきり仮題)
    -------------------------------------------------

    笑顔が溢れる街
    呪いを受け踊る人形達
    見つけた愛しい人
    ある日姿を消したのはどうしてか

            ワタシハ ニンギョー デス
            ワタシト イッショニ オドリマショー

    見つめ合うほど絡み付く操り糸
    今震える私を締め付ける
    心の底より湧き出る怒りと悲しみを受けて
    歪な歌声鳴り響く



    無残に積み重なる
    穢れたガラクタの群れ
    新たな人形達連れてこられ
    やがて踊り始めた

            ワタシヲ ミナイデ アァ・・・
            ドウシテ ナミダガ アフレルノ・・・

    抱きしめるほど絡み付く操り糸
    振り払い貴女を連れて逃げた
    歪んだ平和よ消え去れ
    今宵共に魔法を解く歪な円舞曲を踊りましょう

    魔法は解け
    街はもとの姿取り戻した
    怒号響く醜い空
    人々は目覚めた
    貴女は再び私の元へ・・・・



ではでは~!

自分とがくぽとボーカロイドと

ブログで書くネタがなくなってきたので何となくですが
自分とボーカロイドのなれ初めについて語ってみようと思います。
過去にブログで語ったことと大分被ってると思いますが・・

実は初音ミクが登場する前からボーカロイドを使ってました。
使ってたのはミリアム。当時自分で作詞・作曲・歌をやってましたが、
それらの曲のバックコーラスに使うのが目的で購入しました。
透き通るような歌声が魅力です。デモソングの出来が素晴らしくて
ノックアウトされました。

デモはこちらで聞けます。
http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=24930今や
今は2万円以下で購入できるんですね(--;)僕が買った時は
4万以上してたのですが・・・・・・・orz

その後初音ミクブームがやってきます。
僕は一応アニメや特撮とかも観ますが、萌えキャラとかには
あまり興味がなくて逆に初音ミクのようなキャラクターに
最初は抵抗感を持っていました。また当時エレクトロニカ系の
ボカロ曲が流行っていて、ロック畑の自分には介入する余地が
なさそうなので見送ってました。

と同時にその頃自分で歌うのには正直限界を感じてました。
自分の声質が好きじゃないのと、どんどん忙しくなって歌を
練習したり録音する時間やスタジオも取れない。あと自分で
歌ってた時は職場での嫌な出来事を毒にして吐き出していた面も
あって一通りの毒を吐ききった感、やりきった感もありました。

その後は月読アイで朗読ネタ動画を作ったり洋楽カバーをしたり。
オリジナル曲はしばらく作っていませんでした。正直音楽を
創作する気力が全く起こらなかったのです。2008年~10年くらいの
間でしょうか。実際この期間はほとんど作曲をしていません。

そこで出会ったのが「がくっぽいど」。購入のきっかけは
やはり声質でした。この声なら僕が作る曲にも使えそう!ってのが
一番の理由です。二番目の理由はネタ曲もいけそうだから(^^;)
すんませんすんませんスンマセン・・・(でもネタ曲も立派な
クリエイトだと思っています)

正直がくぽに出会わなかったら・・もうオリジナル曲を作る事を
辞めていたかもしれません。それくらい自分の中では大きな
変化だったと思います。

以下ボカロ曲を作り始めて分かったことです。以前にも
言ったことがあると思いますけども・・

■作詞の自由度が上がる
 これは明確にそうです。自分で歌うことが前提で作詞していた時は
 自分に経験がないことは歌詞にできたとしても歌うことに抵抗が
 あり歌唱まで踏み切ることができませんでした。ボカロではそこに
 対する抵抗感は皆無です。恋愛の歌とか自分の作詞だと
 (*゜Д゜*)アヒャー!ってなって歌えませんがボカロなら問題
 ナッシングです。あと自分で歌う場合はネガティブな歌詞が
 多くなりがちでしたがボカロにしてからはポジティブだったり
 物語っぽかったりと様々な歌詞を作るようになりました。

■横の繋がりが熱い
 イベントに参加してみると特にそれを感じます。
 作曲をやる人同士もそうですし、イラストを描かれる方や
 他の創作をされている方とも知り合えるのが大変刺激的です。
 各種イベントの存在やコミュニティーの大きさはこの界隈の
 大きな魅力だと思います。

■キャラクターのライセンスが明確
 これは曲や動画を作る立場からすると大変ありがたいです。
 CDを出すまで踏み切り易かったです。

■キャラクターがあることのメリット
 最初は抵抗感があったボーカロイドのキャラクター先行ですが、
 多くのイラストやMMDモデル等の広がりも出ていますし
 実際に曲を作ってみて「キャラクターに歌わせる」という
 面白さもあることが分かりました。最初がくっぽいどを
 手に入れた時には正直声が出るシンセサイザーという
 認識しかありませんでした。しかし、自分で作った世界感を
 がくぽに歌わせて、その曲に笑ったり泣いたりしているがくぽの
 動画を制作しているとやはり自然と思い入れが出てくるもので、
 これは自分で実際に何か作ってみないと湧き上がって来なかった
 感情なんだろうなあと思います。今ではがくぽと一緒にユニットを
 組んでいる気分で音楽制作をしています。

デメリットはボーカロイドというだけで聴いてくれる人がいる
一方でボーカロイドというだけで聴いてくれない人もいるということ
でしょうか。こればかりは仕方がないと思う所もあるのですが
CDのジャケットはボカロ界隈以外の人でも手に取りやすい感じの
ものにするとか、そこそこ?配慮はしています。

この先どんな展開が待ち受けているのか分かりませんが、今が
気軽で自由で多くの人とも出会いやコミュニケーションがあって
充実しています。しばらくはこのスタイルで継続して活動
していきたいと思います。

ではでは次回はイベント情報の更新です!

(ちゃぷP)

母の白い長靴(音楽制作関係ないよ)

この前父のことをブログに書いたからここは平等に母のことも
書いておかないとね!

子供の頃、私の母は・・・・怖かった。特にマナーとか
教育方面ではとても厳しかった。
(それでもこんないい加減な子が育ちましたが^^;)

母が私を叱り、父がそれをなだめるという図式が家庭内では
成立していた。

が、稀に逆のパターンもあるにはあった。幼稚園の時、母の日に
母の絵を描こうってのがあって私は長靴を履いた母の絵を
描いたのだがこれが下手くそで、それを見た父が何故か
えらく不機嫌だったのだ。今思い出しても何故父があんなに
私の絵に不機嫌だったのかよく分からなかったり(汗)

母もさぞかし不機嫌なんだろうな・・・と思っていたが
意外にもそうではなかった。母は父に責められる私を見て
「よく似ちょる」と庇ってくれたのだ。その意外な行動に
当時幼かった私もビックリ。

ただアレは自分でも結構いい加減な絵だったなあと思う。
所々色を塗り忘れてて長靴の所も真っ白(^^;)

父が「なんで靴に色にってないんじゃ!?」と突っ込んできた所
母が「白い靴なんじゃもんね」とまた庇ってくれた。

数日後母が長靴を新調してた。色は白だった。
あんないい加減な絵でも母にとっては嬉しかったらしい。
いつもは鬼のような母でしたが時々こんな優しい時もありました。

母は忘れているみたいですが子供は意外とこういうことも
覚えているものです(^^)

(ちゃぷP)

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。